・自作太陽光発電(余剰売電のページ)こちら ・自作太陽光発電(独立電源のページ)こちら ・自作井戸のページはこちら











激安瓦チップを敷きました。

防草対策として敷地に瓦チップとタマリュウを施工。

2015年11月  2016年より瓦チップは1袋(土嚢袋)約25kg350円(税込)に値上げになるようです。
         また、瓦チップの盗難が多発の為、自分で袋に詰めるのではなく電話連絡して詰めておいてもらう販売形式に変更になりました。


2014年5月

瓦チップは当店のお客さんでもある(有)五十嵐興産さんにて購入。1袋(土嚢袋)約25kg100円350円(税込)。

瓦チップの施工

建物の西側の写真1

先の平らな角シャベルで地面をならす。
ホームセンターで防草シートを購入し
防草シートを敷き詰め約5cm厚で
瓦チップを敷く。
瓦チップ施工
建物の西側の写真2

瓦チップは瓦を屋根に留めていた際の
釘や針金なども混じっているので
駐車場などへ敷く場合は注意が
必要です。
瓦チップ施工
建物の北側の写真
瓦チップだけでなく、
枕木の販売、施工も
五十嵐さんは行っている。
タマリュウの施工

ちはら台のスーパービバホームで
一枚約200円のフラット平板を購入、
防草シートを下に敷いて並べる、
写真の土の部分はタマリュウの根付きが
良くなるように堆肥を蒔いてから
軽く耕してある。

上の写真の瓦チップの奥に施工
瓦チップだけでは緑がなく寂しいので
タマリュウマットは山田種苗園さんから
購入して植えた。
フラット平板を施工。

西側の写真
施工完了。

西側の写真
激安瓦チップの購入

瓦チップを買いに行く際は
ホームセンターなどで土嚢袋を
購入し持参して行く。

この看板が目印。

五十嵐さんが居れば詰めてもらう事も
可能。その場合1袋150円になる。
山積みされた瓦チップ

1立米=2200円(平成27年10月現在)
1立米=3500円(平成28年から)
ダンプでの配達も可能との事。
(配達代は別途、要問合せ)

2tダンプで3立米位載るかな〜?
無理か?
比重が?なので要確認!
シャベルも置いてあるので、
お借りして土嚢袋に詰める。

このペール缶は底が抜いてあり、
底無しペール缶を土嚢袋に詰める為の
ジョウゴとして使う、土嚢袋にペール缶を
すっぽり入れてから瓦チップを詰める。

1袋に入れられる量も違ってくるので
利用させてもらうと良い。

五十嵐さんが居ない時は瓦チップの
代金をこの料金箱へお金を投入。

土嚢袋1袋につき100円で計算。

おつりは出ません。笑

近くに自販機があるので細かいお金が
無い時はジュースを一本買いましょう。

格安販売なので多少多めに入れても
良いかも。
(有)五十嵐興産さんの看板(連絡先)

五十嵐さんは瓦チップの販売より
施工がメインなので広い敷地への
施工などで「自分では難しい」
と感じた方は要問合せ。


瓦チップの購入は写真の電話番号に
連絡の上、必要数量を伝えておけば、
用意しておいてもらえる。

(有)五十嵐興産さんは家屋解体の
仕事で解体時に出た瓦や、
別の解体業者から持ち込まれた瓦を
瓦チップとしてリサイクルしている。

(有)五十嵐興産さんの地図

   



Total Today Yesterday