・自作太陽光発電(余剰売電のページ)こちら ・自作太陽光発電(独立電源のページ)こちら ・自作井戸のページはこちら











自作看板のページ

2015年10月  営業中・準備中の看板を自作

今回作成した営業中・準備中の自作看板。
(右)

左の看板は現在使用中の看板で、
4年半ほど前にヤフオクにて購入。

最近割れが大きくなってきた為予備として
看板を自作します。
A4のコピー用紙に営業中と準備中の
文字をフォントサイズ680の楷書体で
1文字づつ印刷します。
文字間隔を確認しセロハンテープで留めます。
今回使用する木板のSPF1×10材に
位置決めし用紙をテープで固定します。

(看板を吊るす穴の位置も考慮する。)
用紙の上からなぞって筆圧で木板に跡をつけ、
跡を鉛筆でなぞります。
(この方法は柔らかい木限定。)

看板を吊るす為に35mmのホルソーで
穴をあけました。
(以下写真参照)

ホルソーで穴をあける際は貫通させる前に
反対側からあけると切り口がきれいです。
油性マジックで文字を塗り潰します。
(2度塗り)
油性ニスを丁寧にも3度重ね塗りしました。

重ね塗りの乾かし時、油性塗料の刷毛は
ペイントうすめ液ではなく水に浸して
刷毛の乾燥を防ぎます。
重ね塗りする際は刷毛の水分を雑巾等で
拭き取り使います 。
水に浸しておくと、ペイントうすめ液と違い
塗料が薄まらずに済みます。

以前看板屋さんに教えてもらいました。
左の「休業日」の看板も4年半位前に
自作した看板で、SPF1×8材に
同じ方法で作った物です。
いい感じに飴色になってきました。
今回の自作看板はSPF1×10材800円と油性ニス600円の計約1400円でつくれました。




2015年9月  「キキの看板」を自作

今回は木製アイアン調
キキの看板」を自作します。
端材の集成材板に
下書きをします。
電動糸鋸で切り抜きます。 まあ〜大変でした。
余っていたプリンタの
詰め替え黒インクで
真っ黒に塗りました。
乾いてから家にあった
緑系の水性ペンキを
ドライブラシと言う手法で塗って完成。
参考にさせて頂いたページはこちら、 このページをたまたま発見してしまい、自分も作りたくなってしまったんですね〜。
楽器を作っている方のようで出来栄えは敵いませんが、まあ満足しております。




2013年3月  足場単管パイプで看板の外枠作成

両面ターポリンを利用した自作看板。

足場単管パイプで枠を作ります。
ちはら台のスーパービバホームで
足場単管パイプとかん太シリーズの
継手を購入。

足場単管パイプは安いのですが、
かん太
シリーズの継手が高く
計約6000円。
高速切断機で寸法にカット。 足場単管パイプと継手を仮止め。
水平器で水平を出します。 継手はヘキサゴンレンチで
固定できるので組み立ては簡単。

この部材は看板が地面に挿さり
過ぎない様にする為に購入。
水平の調整にも使う。
15年ほど前にお店を始めた時に
設置した自作看板用の穴、
足場単管パイプが丁度入る大きさの
鉄管を埋めて、単管パイプに
木製看板を取付けていました。
使わなくなって十数年、
乾湿両用掃除機や単管パイプで
突っついたりしてようやく
詰まっていた物が取れました。
もう忘れていたのですが
深さは70cm埋まってました。
今回は前回の穴を使いますが、
新たに足場単管パイプを埋める場合は
水道部材の塩ビ管VP50が足場管が丁度
入る大きさで活用できます。
埋める際は底にVP50用のキャップをつけ
水抜き用の穴をドリル等で空けます。
穴は電柱掘り等で掘り、穴の深さを見て
底に砕石を少し入れ重めの棒で突っつき
地固めしてから足場管を刺したVP50を
穴に入れます。足場管が垂直になるように
水平器をあてがいながら土を周りに
少し入れては棒で突っつき地固めの
繰返しで、最後にコンクリを5cm程打つ。
写真はVP50を使い足場管を挿しています。
足場単管パイプ枠を
こげ茶のペンキで塗装します。
こげ茶の油性ペンキはこれを使いました。
ターポリンを枠に縛り付けるロープは
丈夫なポリエステル製を別途購入。.

ロープの端は火であぶり
ほつれないように処理しました。
今回は両面ターポリン6000円弱をここに注文しました。
(注文する際は後加工のハトメも依頼する、10箇所までは無料で10箇所以上は1箇所につき100円。)

この看板は単管パイプを直に埋めてある訳ではないので、いつでも取り外し可能なのがポイントです。
今回の自作看板は合計15000円弱でつくれました。




2012年2月  塀のメニュー看板を自作

よく工事現場にある安全鋼板を
塀として使いこげ茶のペンキで
塗った後文字を書いて
メニュー看板を自作しました。
ペンキはごげ茶と文字の白も
油性ペンキを使います。
A4のコピー用紙に1文字づつ
印刷したものを張り合わせ、
セロハンテープで固定します。
こげ茶を塗装し完全に乾かし
まだ日が浅い内に文字を
なぞります。

日が経つとごげ茶のペンキが
固くなり筆圧で跡がつかなく
なるので。

筆圧でつけた跡を
白の油性ペンキで塗り潰します。
2014年4月の消費税増税に
伴う看板の書き換え。
今後も続く消費税増税を踏まえ
内税から外税に価格変更。
価格の書き換え完了。




Total Today Yesterday